メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオ五輪:飛躍ニッポン 過去最多の41メダルを獲得  東京へ つなぐ笑顔 つなぐ涙

リオ五輪

飛躍ニッポン 過去最多の41メダルを獲得  東京へ つなぐ笑顔 つなぐ涙

 リオデジャネイロ五輪は21日夜(日本時間22日午前)に閉会式が行われ、17日間の日程を終えた。日本のメダル総数は、計41個(金12、銀8、銅21)となり、これまで最多だった2012年のロンドン五輪の38個(金7、銀14、銅17)を3個上回った。金メダルの数は、1964年の東京五輪と04年のアテネ五輪の16個が最多となっている。

 競技別では、柔道で金3個を含む史上最多の計12個のメダルを量産した。さらにレスリングで金4個を含む…

この記事は有料記事です。

残り11031文字(全文11246文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン