メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・東京2020

挑む・ささえる 安全の舞台裏/1 無人飛行船で地上監視 /東京

飛行船を使った上空からの監視システムの開発に関わるセコムの青木秀行さん=東京都三鷹市で

半径200メートル内、人の顔識別

 リオデジャネイロ五輪が閉幕し、間もなく同パラリンピックが開幕する。両大会が終われば2020年に向け東京五輪・パラリンピックの準備が本格化する。13年に米ボストンの国際マラソン大会でテロが起き、東京大会も安全の確保は最重要課題。最終的な警備計画は大会組織委員会が今後練るが、招致段階では警察官など5万850人が警備要員で、うち1万4000人は民間とする計画。民間の警備会社は最先端の技術を生かし、より効果的な警備の在り方を探る。現場を取材した。【岸達也】

 「民間防犯用では日本初の無人飛行船。今年2月の東京マラソンや5月に三重県で開かれた主要7カ国首脳会…

この記事は有料記事です。

残り979文字(全文1272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです