メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者スポーツは今

リオを前に/下 広がる公的支援 選手、社会の手本に

8月に行われた、あいおいニッセイ同和損保の壮行会。宮崎哲(左)には社員が激励の言葉を書き込んだ日の丸が贈られた=東京都渋谷区で、飯山太郎撮影

 今年2月、知的障害者水泳の宮崎哲(24)は東京都内の損害保険大手あいおいニッセイ同和損保本社で、視覚障害者水泳の小野智華子(21)とともに入社式に臨んだ。「パラリンピックでレースをする夢をかなえるため努力します」。言葉に詰まりスーツのポケットからメモを取り出しながら抱負を語った。

 2人は翌月にリオデジャネイロ大会の代表選考会を控えていた。入社式には障害者スポーツ団体の幹部も出席し、「プレッシャーをかけてはいけない」と前置きしながらも「リオに出て好成績を」との声が相次いだ。

 パラリンピックで21個のメダルを獲得した河合純一・日本身体障がい者水泳連盟会長(41)は入社式に出…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文1006文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです