メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・パラの主役:スマイルで包む闘志 見えないから前へ進む 競泳・木村敬一(26)

競泳男子50メートル自由形S11予選、全体の2位で予選を通過し引き上げる木村敬一(左)=リオデジャネイロの五輪水泳競技場で2016年9月12日、徳野仁子撮影

Features・パラの主役

スマイルで包む闘志 見えないから前へ進む 競泳・木村敬一(26)

 リオデジャネイロ・パラリンピックで金メダルの最有力候補が満を持して登場する。競泳男子(視覚障害)で5種目にエントリーした木村敬一(26)=東京ガス=は12日の50メートル自由形が最初の種目。13日には本命種目の一つ、100メートル平泳ぎが控えている。以前、金メダルへの意欲を聞いたことがある。木村の答えは「基本、自分に自信がないんで」。笑みを絶やさないエースは、実績だけでなく、つかみどころのない言動で人を引きつける。

 その失敗を見て、改めて視覚に障害がある選手と思い知らされた。リオ大会前最後の公式大会となった7月の…

この記事は有料記事です。

残り1717文字(全文1977文字)