メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民栄誉賞

五輪4連覇・伊調選手 レスリングに感謝

国民栄誉賞の受賞が決まり、記者会見で花束を手に笑顔の伊調馨選手=東京都新宿区で13日午後4時33分、宮間俊樹撮影

 安倍晋三首相は13日、リオデジャネイロ五輪のレスリング女子58キロ級で金メダルを獲得し、女子個人種目で史上初の五輪4連覇を果たした伊調馨(いちょうかおり)選手(32)=ALSOK=への国民栄誉賞授与を正式に決めた。菅義偉官房長官が記者会見で発表した。伊調選手は東京都内で記者会見し、「信じられない。レスリングがなければここまで人生をかけて臨むことはできなかったし、本当に感謝している」と喜んだ。授与式は今後日程を調整する。

 伊調選手の感想は感謝ばかり。一番に報告したい人を聞かれ、2年前に65歳で亡くなった母トシさんの名前…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです