メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民栄誉賞

レスリングに感謝 五輪4連覇、伊調選手 母校や地元、祝福の声

国民栄誉賞の受賞が決まり、記者会見で花束を手に笑顔の伊調馨選手=東京都新宿区で13日午後4時33分、宮間俊樹撮影

 安倍晋三首相は13日、リオデジャネイロ五輪のレスリング女子58キロ級で金メダルを獲得し、女子個人種目で史上初の五輪4連覇を果たした伊調馨(いちょうかおり)選手(32)=ALSOK=への国民栄誉賞授与を正式に決めた。菅義偉官房長官が記者会見で発表した。伊調選手は東京都内で記者会見し、「信じられない。レスリングがなければここまで人生をかけて臨むことはできなかったし、本当に感謝している」と喜んだ。授与式は今後日程を調整する。

 伊調選手の感想は感謝ばかり。一番に報告したい人を聞かれ、2年前に65歳で亡くなった母トシさんの名前…

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1099文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです