メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・パラの主役:みんなの道、笑顔で 家族、伴走者に支えられ マラソン・道下美里(39)

今年2月の別府大分毎日マラソンで優勝した道下美里(中央)=矢頭智剛撮影

Features・パラの主役

みんなの道、笑顔で 家族、伴走者に支えられ マラソン・道下美里(39)

 進んできた道には、いつも支えてくれる存在がいた。リオデジャネイロ・パラリンピックから正式採用された女子マラソン(視覚障害T12)での金メダルの有力候補が、道下美里(39)=三井住友海上=だ。144センチと小柄な体に豊富なスタミナを宿し、自身の持つ日本記録の2時間59分21秒は世界記録(2時間58分23秒)に迫る。レースは大会最終日の18日朝(日本時間同日夜)にスタートする。ひたすらに前を向いた先にあるのは、初代女王の座だ。

 「本当にわくわくしている感じ。子どもみたいですね」。パラリンピック開幕まで約1カ月となった7月末の…

この記事は有料記事です。

残り1733文字(全文1997文字)