メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Forca・パラスポーツの力

見る、する、支える=伊藤華英

 リオデジャネイロ・パラリンピックは金メダル10個を目標に掲げていた。日本選手団のメダル獲得数を見て、その目標を達成できなかったと誰もが感じるだろう。でも、パラリンピックにおいて、メダル数や成績が注目されたことは過去にあったのだろうか。ちょっとした進化にみえる。

 インタビューでほとんどの選手が2020年東京大会への思いを語った。今まで注目されるのは一部の選手だけだったが、今大会はさまざまな選手がいて競技があることを知った。リオ市民の明るさや会場を占める一体感は東京大会で生かしていける。彼らの明るさが会場に花を添えた。

 競泳は、4人のメダリストが誕生した。残念ながら女子でメダル獲得はなかったが、男子200メートル個人…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文805文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです