メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオ五輪

4万人「おめでとう」 八戸で伊調選手パレード /青森

沿道に詰めかけた観衆に手を振る伊調馨選手(中央左)と父春行さん(中央右)=八戸市三日町で

 リオデジャネイロ五輪女子レスリング58キロ級で金メダルに輝き、五輪史上初の女子個人種目4連覇の偉業を成し遂げ、国民栄誉賞受賞が決まった伊調馨選手(32)=ALSOK=が24日、故郷八戸市で凱旋(がいせん)パレードを行った。

 会場の同市廿三日町から三日町までの沿道に詰めかけた観衆は約4万人(市発表)。伊調選手は父の春行さん(65)と共にオープンカーで登場。春行さん…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 天気 東京、今年は「木枯らし1号」ない冬に 39年ぶり

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです