メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

都の中間報告 五輪、間に合うか

 東京都の都政改革本部の調査チームがまとめた中間報告は、2020年東京五輪・パラリンピックの計画の抜本的な見直しを提言した。大会経費が膨れ上がる中でコスト削減や情報公開の徹底は喫緊の課題だ。ただ、大会まで4年を切り、都や大会組織委員会はぎりぎりのスケジュールで準備している。施設整備の問題点だけでなく全体的な統括責任者の不在にも言及した内容に、関係者には戸惑いが広がった。

この記事は有料記事です。

残り2042文字(全文2228文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです