メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオ五輪

小山市民ら500人、柔道・海老沼選手を歓迎 2大会連続で銅 /栃木

凱旋報告会に集まった子どもたちに囲まれ、笑顔を見せる海老沼選手=小山市役所で

 リオデジャネイロ五輪の柔道男子66キロ級で、2大会連続の銅メダルを獲得した小山市出身の海老沼匡選手(26)が30日、小山市役所を訪れ、市民ら約500人から熱烈な出迎えを受けた。

 銅メダルを首から下げてスーツ姿で凱旋(がいせん)した海老沼選手は「たくさんの応援のおかげでメダルを取ってこの地に戻ること…

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文339文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 売れると「認められた」7割 メルカリ、利用者意識調査

  2. 聖火が走ったまち1964-2020 奈良・興福寺 ビール瓶掲げ練習

  3. 五輪マラソン札幌移転でIOC会長が懸念を否定「日本の方々は心配や落胆をしなくていい」

  4. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  5. 昔話のように語り継がれる一日に 古里の農道で「花嫁行列」 三重・伊賀

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです