メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

21年ぶり三段構え 東京五輪国際イベント

「三段構え」の中段を披露する横綱の日馬富士(左)と鶴竜=両国国技館で2016年10月4日、内藤絵美撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックへの機運を高めるための国際交流イベント「大相撲beyond(ビヨンド)2020場所」が4日、東京・両国国技館で開かれ、外国人や障害者ら招待客約2300人の前で、土俵入りや幕内力士の取組を披露した。

 幕内・御嶽海(みたけうみ)らが登場した子ども相撲では小さな子どもが…

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです