メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民栄誉賞

「レスリングまだ追求」 伊調、強い日本の継承へ

国民栄誉賞の授与式前、笑顔を見せるレスリング女子の伊調馨選手=首相官邸で2016年10月20日午後4時55分、川田雅浩撮影

 リオデジャネイロ五輪で4連覇を成し遂げたレスリング女子の伊調馨(ALSOK)に国民栄誉賞が授与された。連覇中でも進化し続けたことが偉業達成の原動力となった。伊調は今後の去就について明言を避けながら、「やり残したことばかり。まだまだ追求したい」とレスリングへのあくなき思いを口にした。

 4連覇を果たす上で分岐点となったのが、2008年北京五輪以降、拠点を東京に移して始めた男子選手との練習だ。男子の理論的な戦法は「レスリングの研究が好き」という伊調の好奇心を刺激した。かける技すべてに理由があり、相…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです