メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ボート会場案絞らず提示 小池知事が示唆

 2020年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリントなどの競技会場見直しを巡り、東京都の小池百合子知事は21日、定例記者会見で「IOC(国際オリンピック委員会)などとも連携が必要。『東京都はこれで』と言った後に調整がつかないようではまた振り出しに戻ってしまう。あまり決め打ちされるとどうか」と述べ、会場案を一つに絞らないままIOCなどに提示する可能性を示唆した。【林田七恵、円谷美晶】

 都政改革本部の調査チームは、都が整備する3競技会場の抜本的見直しなどを調査報告書で提言。20日まで…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 札幌・JR琴似駅近に無人ホテル 訪日客の利用期待

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです