メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

常陸大宮市、蔵王町と推進協設立 パラオキャンプ地誘致 /茨城

「蔵王町・常陸大宮市東京オリパラ推進協議会」を設立し、握手する村上蔵王町長(右)と三次常陸大宮市長=宮城県蔵王町の同町役場で

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、宮城県蔵王町と常陸大宮市は太平洋の島国パラオ共和国の事前キャンプの誘致などに連携して取り組もうと、「蔵王町・常陸大宮市東京オリパラ推進協議会」を設立した。今年度中にパラオと誘致に関する基本合意書の締結を目指す。

 両市町は、歴史的につながりが深いパラオを相手国にしてホストタウンに登録されている。7月に協力して事前キャンプなどの誘致に取り組むことを確認。さらに効果的に推進しようと、協議会の設立を決めた。

 設立総会が22日、蔵王町役場であり、両市町の関係者約30人が出席。会長に村上英人・蔵王町長を、副会…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです