メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ベイカー茉秋×奥原希望」対談:東京五輪 ともに金メダルを

ベイカー(右)との対談で笑みが絶えない奥原(左)=猪飼健史撮影

「ベイカー茉秋×奥原希望」対談

東京五輪 ともに金メダルを

 1994年度生まれは、プロ野球の大谷翔平(日本ハム)、フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)ら各競技のスター選手がきら星のようにそろう。94年世代はリオデジャネイロ五輪でも競泳男子の萩野公介(東洋大)らが金メダルを4個獲得した。柔道男子90キロ級金のベイカー茉秋(東海大)も、その一人。同じく94年世代のバドミントン女子シングルス銅の奥原希望(日本ユニシス)と新年の抱負を語り合った。ちなみに94年は戌年。犬の鳴き声から2人が命名した「わんダフル」世代が、2020年東京五輪・パラリンピックのエースとなる。【構成・松本晃、小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り13442文字(全文13709文字)