メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支える・2020東京パラリンピックへ

/1 ともに夢を追って あの感動、もう一度(その1) /千葉

2000年シドニー・パラリンピック男子マラソン全盲の部で6位でフィニッシュし、柳川春己選手(左)と抱き合う伴走者の安田享平さん=石井諭撮影

 さまざまなハンディキャップを持つアスリートたちの勝利を目指す姿に興奮し、泣いた。日本が24個のメダルを獲得したリオデジャネイロ・パラリンピックから、3年後に迫った東京パラリンピックへ。選手を支え、ともに夢に向かって走る人たちを追った。

 ◆盲人マラソン

今度は教え子に「金」を 日本代表コーチ・安田享平さん(49)

 競技場に戻るとゴールが見えた。「もう大丈夫」。声をかけると、40歳の柳川春己選手はロープを握っていない左手を挙げて歓声に応えた。1996年8月、アトランタ・パラリンピック男子マラソン全盲の部で日本人初の金メダル。記録は2時間50分56秒。力を出し切りよろめく柳川選手を当時29歳だった伴走者、安田享平さん(49)が笑顔で抱きかかえた。

 中学3年で駅伝大会にかり出されて走り始め、県立袖ケ浦高から新日鉄(現新日鉄住金)君津製鉄所へ。3交…

この記事は有料記事です。

残り1238文字(全文1612文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです