メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

2020を目指して/1 卓球 新世代台頭、サバイバル

新年の目標として、世界選手権のメダル獲得と中国語の習得を挙げる平野=小出洋平撮影

 <東京五輪まであと1300日 パラリンピックまであと1332日>

 卓球の日本勢で新世代の躍進が著しい。女子の16歳、平野美宇(エリートアカデミー)は最も飛躍した選手に贈られる国際卓球連盟(ITTF)の「ブレークスルー・スター」に輝き、男子の13歳、張本智和(エリートアカデミー)は昨年の世界ジュニア選手権で頂点に立った。団体で男子が銀、女子が銅を獲得したリオデジャネイロ五輪の代表組もまだ健在で、2020年東京五輪に向けたサバイバルが幕を開けた。【田原和宏】

この記事は有料記事です。

残り1900文字(全文2130文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです