メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
若き才能

2020年への挑戦/2 体操・加藤裕斗選手(19) 兄に続き「金」が目標 /埼玉

あん馬の練習に励む加藤裕斗選手=千葉県印西市の順天堂大さくらキャンパスで、橋本政明撮影

 兄は、昨年のリオデジャネイロ五輪・男子体操団体で金メダルを獲得した加藤凌平選手。父は、同五輪などで日本代表コーチを務める裕之さん。体操一家で育ったサラブレッドだ。

 体操を始めたのは幼稚園年長の頃。4歳年上の凌平選手の練習を見に行ってトランポリンで遊ぶうち、自然に体操の世界に入っていった。「全てが新鮮で新しい技に挑戦するのが楽しかった」。すぐにのめり込んだ。

 小学生時代も体操を続けた。転機は、草加市立栄中3年の時。全国中学校体操競技選手権大会で、個人総合・…

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1364文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです