メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外即位祝賀パレードの延期検討 政府、台風配慮
始動

2020を目指して/2 陸上女子長距離 鍋島莉奈(23)

新年の目標について語る鍋島莉奈=佐々木順一撮影

天性の脚力、開花の時

 低迷する陸上女子の長距離で、2020年東京五輪に向けて楽しみな存在が現れた。クイーンズ駅伝(昨年11月、宮城県)で鍋島莉奈(23)は日本郵政グループを日本一に導いた。堂々とした走りをした大型ルーキーの新年の目標は「まずは日本選手権に出場したい。今夏の世界選手権代表がおまけで付いてくればラッキー。自信が無いんです」。鹿児島・鹿屋体大で日本学生対校選手権1万メートル2連覇の実績とは対照的にあくまでも謙虚だ。

 日本郵政の高橋昌彦監督は鍋島の歩みと姿勢を、00年シドニー五輪マラソン金メダルの高橋尚子さんに重ね…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 五輪マラソン、札幌開催に自信 IOC調整委員長「実行する」 早急にコース計画

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです