メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

2020を目指して/4 車いす陸上 鈴木朋樹(22)

=根岸基弘撮影

使命背負い、こぎ出す

 小学生から高校生が練習に励む夕暮れのトラックで、レーサーと呼ばれる競技用車いすが駆け抜ける。昨年暮れ、東京・葛飾区総合スポーツセンターでは障害者と健常者が、ともに汗を流していた。「自分たちが走ることで『こういう競技があるんだ』と、人の目に触れることが大切」。車いす陸上のホープ、鈴木朋樹(22)=城西国際大=は、多様性のある風景に2020年東京パラリンピックの理想形を見る。

 昨年9月のリオデジャネイロ・パラリンピックは観戦者だった。800メートル、1500メートルなど中距…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです