メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
始動

2020を目指して/4 パラ陸上 鈴木朋樹(22)

万能型、ベテランの壁挑む

 小学生から高校生が練習に励む夕暮れのトラックで、レーサーと呼ばれる競技用車いすが駆け抜ける。昨年暮れ、東京・葛飾区総合スポーツセンターでは障害者と健常者が、ともに汗を流していた。「自分たちが走ることで『こういう競技があるんだ』と、人の目に触れることが大切」。車いす陸上のホープ、鈴木朋樹(22)=城西国際大=は、多様性のある風景に2020年東京パラリンピックの理想形を見る。

 昨年9月のリオデジャネイロ・パラリンピックは観戦者だった。800メートル、1500メートルなど中距…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文978文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです