メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
支える・2020東京パラリンピックへ

/4 卓球・知的障害 TOMAX・石川貴陽代表/父一則さん/母清子さん /千葉

卓球台を前に話す(右から)石川貴陽さん、竹守彪選手、石川さんの父一則さん、母清子さん。3年後を見据え、石川さんは「体がぶれないように足腰を鍛えないと」とアドバイスした=松戸市東松戸の「TOMAX」で

 ◆TOMAX・石川貴陽代表(36)/父一則さん(66)/母清子さん(61)

不屈の精神、教えられ 悲願のメダル、親子3人で秘策

 難病の手術から5カ月しかたっていなかった。リオデジャネイロ・パラリンピック卓球の知的障害の部に出場した松戸市の竹守彪(たけし)選手(23)。決勝トーナメント進出をかけた韓国選手との一戦は1ゲームずつ取り合う接戦となった。しかし、その後は2ゲームを連取され敗退。「出るからにはメダルを」と挑んだ初舞台は2戦2敗に終わった。でもコーチの石川貴陽(たかはる)さん(36)は前向きに受け止めた。「何もかも特別な大会。2020年の東京へ大きな経験になった」

 石川さんは専大松戸高、中央大を出てスウェーデンに渡り、プロチームで活躍した元選手。バルセロナ五輪の…

この記事は有料記事です。

残り1060文字(全文1397文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  3. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです