メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

2020を目指して/5 フェンシング 敷根崇裕(19)

ポスト太田、磨いた独自性

 2016年リオデジャネイロ五輪の男子フルーレ団体に、前回のロンドン五輪で銀メダルを獲得した日本の姿はなかった。個人でも世界選手権覇者として臨んだ太田雄貴さんがまさかの初戦敗退。引退を表明したエースから「これからはお前らだ」と20年東京五輪での活躍を託されたのが、昨年4月の世界ジュニア選手権で優勝した敷根崇裕(19)=法大=だった。

 フェンシングは技術のフルーレ、速さのエペ、力のサーブルと3種目がある。世界的にはエペが主流だが、日…

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  5. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです