メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京2020への伝言

/6 転落人生、今度こそ レスリング・渡辺さん「若手にも頂点見せたい」

 男性が大会役員席で双眼鏡を手に、マット上に鋭い視線を送る。昨年師走、東京・代々木であった天皇杯全日本レスリング選手権。1964年東京五輪のフリースタイル・フェザー級(60キロ台前半)で金メダルに輝いた渡辺長武(おさむ)さん(76)。全日本マスターズレスリング連盟の理事を務める。

 実家は北海道和寒町(わっさむちょう)の石材商で、幼いころ数十キロの石をトロッコに積むのを手伝った。高校でレスリングを始め、中央大に進学。国内外の大会で連勝し、その強さから「アニマル」と呼ばれた。

 64年10月14日の東京・駒沢体育館。渡辺さんは歓声のなか胴上げで宙に舞った。全試合で1ポイントも…

この記事は有料記事です。

残り1066文字(全文1354文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. 日大チア 監督「退部許さぬ」 女子部員「自殺考えた」
  4. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  5. 夏の高校野球 準決勝見どころ 実力十分の大阪桐蔭と済美

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです