メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支える・2020東京パラリンピックへ

/5止 陸上 知的・身体障害 下稲葉耕己代表(32) /千葉

練習前、談笑する下稲葉耕己代表(左)と松本春菜選手。松本選手が盲学校中等部2年の時から約9年間、師弟関係が続いている=浦安市運動公園陸上競技場で

 ◆one’s Para Athlete Club 下稲葉耕己代表(32)

ロンドンの熱狂、礎に アスリート育て、見る人に感動を

 満員の五輪スタジアムが静寂に包まれた。2012年ロンドン・パラリンピック女子走り幅跳びの視覚障害者クラス。ガイド役の下稲葉耕己さん(32)が手拍子をしながら助走路を踏み切り板へと遠ざかる。選手はその音だけを頼りに走り出し15歩目でジャンプ。着地の瞬間、8万人の歓声でスタンドが揺れた。

 順天堂大大学院でスポーツ心理学を学んだ。元高校球児で、監督になって甲子園に出るのが夢だった。だが、…

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです