メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
若き才能

2020年への挑戦/7 パラ卓球・金子和也選手(26) 1年で技術の幅広げ /埼玉

しっかりと両足を構え、仲間とラリーを続ける金子和也選手=さいたま市浦和区大原の障害者交流センターで、橋本政明撮影

 鴻巣市出身。幼いころから「体を動かすのが大好き」だったが、脊髄(せきずい)腫瘍が見つかり、小学1年の時の手術で脊髄を損傷。下半身の感覚を失った。麻酔が切れた瞬間、「足がなくなった」と錯覚して泣き叫んだ。その日から、ほぼ寝たきりの生活が始まった。

 「友達のところに戻りたい」。その一心でリハビリに励み、小学4年から元の学校に通えるようになった。両足を装具で支え、両腕でつえをつく。走るのはかなわなくても、バスケットボール大会ではゴール下でシューターを務めるなど、活発な少年だった。

 鴻巣南中で「野球やテニスと違ってコートが狭いから、工夫すれば戦える」と、卓球部に入った。同校は当時…

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1088文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです