メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
若き才能

2020年への挑戦/8 女子バスケットボール・中澤梨南選手(15) 父子二人三脚で跳ぶ /埼玉

長身を生かしダイナミックなドリブルを見せる中澤梨南選手=春日部市銚子口の市立豊野中で、橋本政明撮影

 身長177センチ。長い腕をグッと伸ばし、しなやかにジャンプして相手のシュートをはじく。ボールは味方に渡り、速攻へ--。この「ブロックショット」が最大の武器だ。

 春日部市立豊野中の3年生。昨年8月の全国中学校バスケットボール大会(全中)でチームを初の優勝に導いた。決勝までの4試合、1試合平均で25本超の(同ショットを含む)防御を決め、同14・75得点を奪った。

 「みんなで気持ちを一つに戦い、成長できた」と初々しい笑顔を見せる。監督の田中英夫教諭(57)も「彼…

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1131文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです