メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京2020への伝言

/9 米統治下、リレーの起点 沖縄「聖火に熱狂」夢破れ 憧れた「本土並み」

聖火ランナーとして金武町内を走る安富祖朝正さん=本人提供

 走った道が舗装されていたか、砂利道だったかは覚えていない。でも、無数に揺れる日の丸の小旗が涙でにじんだ記憶は消えない。

 東京五輪の聖火は1964年9月7日、ギリシャから沖縄の那覇空港に到着した。22歳だった金武町(きんちょう)の安富祖朝正(あふそちょうせい)さん(74)は翌日、57人目として聖火を手に1・3キロを走った。「誇らしかった。すごく感動した」と回想する。

 日本人の聖火リレーは沖縄から始まった。だが、当時まだ米国統治下で「聖火が日本に到着」とは言えない。…

この記事は有料記事です。

残り1090文字(全文1324文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです