メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京2020への伝言

/10止 守ってこそレガシー 青春の壁画、野ざらし

足場に上って壁画を制作する女性たち。当時の週刊文春がグラビアで掲載した(文藝春秋提供)

 灰色のシートにくるまれた縦横3メートル、厚さ50センチ前後の塊が、100個以上も東京都内の空き地に並ぶ。建設廃材のようにも見える。東京・霞ケ丘の国立競技場の解体に3年前に着手した際、バックスタンドの下の回廊などにあった11枚のモザイク壁画を、保存するために切り出したものだ。

 11枚は壁画制作会社が手がけた。1964年6月から2カ月半の突貫作業。社員やアルバイトの美大生が大勢現場に出入りした。壁画研究の第一人者、東京芸術大の工藤晴也教授は取材に「驚異的な速さ」と評した。

 足場を組み、壁にタイルを張る様子を週刊誌が伝えている。敗戦からの復興や経済発展を世界に発信する五輪…

この記事は有料記事です。

残り1383文字(全文1670文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  4. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  5. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです