メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本の現在地

平昌五輪まであと1年/5止 スピードスケート 新鋭台頭待つ男子500

 12日まで平昌五輪のテスト大会として行われた世界距離別選手権の女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)が優勝。今季のワールドカップ(W杯)では高木美帆(日体大)が個人2種目で優勝を経験。スピードスケート界は五輪2大会ぶりのメダル獲得に向け、順調にも見える。だが日本スケート連盟の湯田淳スピード強化部長は「男子も上がっていかないと……」と複雑な表情だ。特に新鋭の台頭が待たれるのが500メートルだろう。

 1998年長野五輪金メダリストの清水宏保が引退後、この種目を長くけん引してきたのは、2010年バン…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文955文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです