メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・東京2020

挑む・ささえる おもてなし うら・おもて/8止 外国人に人気「民泊」 /東京

東京ディズニーランドに近い木造アパートの一室にある民泊施設。寝具が並ぶ6畳の和室のほか、洋室や台所もある=千葉県浦安市で

健全な利用に期待

 訪日観光客の急増で、首都圏や関西などでは、ホテルの予約が取りにくくなっている。宿泊施設の不足が深刻化する中、政府は、一般住宅に客を泊める「民泊」の解禁へ大きく踏み出した。インターネットの仲介サイトの登場で急速に普及しつつあるが、騒音やごみ出しなどで近隣住民とのトラブルも問題になっている民泊。さらに多くの外国人が訪れる東京五輪・パラリンピックに向けて、その経済効果を生かしつつ、安価で安全な宿を提供できるだろうか。【中村俊甫】

 訪日観光客にも人気の東京ディズニーリゾートから程近い、千葉県浦安市内のアパートの一室。ドアを開ける…

この記事は有料記事です。

残り1329文字(全文1601文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです