メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ぐるっと首都圏・東京2020

挑む・ささえる おもてなし うら・おもて/8止 外国人に人気「民泊」 /東京

東京ディズニーランドに近い木造アパートの一室にある民泊施設。寝具が並ぶ6畳の和室のほか、洋室や台所もある=千葉県浦安市で

健全な利用に期待

 訪日観光客の急増で、首都圏や関西などでは、ホテルの予約が取りにくくなっている。宿泊施設の不足が深刻化する中、政府は、一般住宅に客を泊める「民泊」の解禁へ大きく踏み出した。インターネットの仲介サイトの登場で急速に普及しつつあるが、騒音やごみ出しなどで近隣住民とのトラブルも問題になっている民泊。さらに多くの外国人が訪れる東京五輪・パラリンピックに向けて、その経済効果を生かしつつ、安価で安全な宿を提供できるだろうか。【中村俊甫】

 訪日観光客にも人気の東京ディズニーリゾートから程近い、千葉県浦安市内のアパートの一室。ドアを開ける…

この記事は有料記事です。

残り1329文字(全文1601文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです