メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・東京2020

挑む・ささえる 五輪種目に挑戦 ボルダリング 道具使わず壁登る /東京

初心者用のホールドに手足をかけて壁を登っていく利用者=東京都港区港南5のROCKYボルダリングジム品川店で

観察して進み方イメージ

 これから東京五輪・パラリンピックに選手として参加するのは、一般人の我々には困難だが、同じ競技を趣味として楽しむことなら可能だ。若手記者がそれぞれ、初心者でもOKのジムやスクールを訪ね、競技種目にチャレンジする。まずは、道具を使わず、突起物を頼りに壁をよじ登る「ボルダリング」に挑戦--。【岩嶋悟】

 ボルダリングは、東京五輪から新種目として採用されることが決まった「スポーツクライミング」のなかの一…

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1253文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです