メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高める韓国

五輪開催国の強化策/1 雪上競技、日本に学べ

2015年6月、全日本スキー連盟を訪れて日本の強化システムを学ぶ大韓スキー協会の金鍾煥事務局長=全日本スキー連盟提供

メダル獲得へ「正しい道」

 2015年6月。東京都渋谷区にある全日本スキー連盟(SAJ)の事務局に一人の男が訪れ、頭を下げた。「日本のシステムを教えてください」。名刺には「大韓スキー協会(KSA)事務局長 金鍾煥」の文字。男はその後、大学時代に学んだ日本語を頼りに約2時間、SAJ幹部を質問攻めにした。

 韓国は冬季五輪でこれまで、ショートトラックなど氷上競技ではメダルを量産してきたが、雪上競技ではまだ一つもメダルがなく、人気も競技レベルも大きく後れを取ってきた。14年秋に韓国ロッテグループの重光昭夫(韓国名・辛東彬)会長がKSAの会長に就任。資金面の後ろ盾ができ平昌五輪に向けた強化に本腰が入ったが、“後進国”にはノウハウがない。そこで、重光会長就任とともにロッテ百貨店からKSAに籍を移した金事務局長が思いついたのが「日本に学べ」だった。

 欧州や北米などではなく、あえて日本を選んだのは、文化を理解しやすいと考えたから。気候も体格も似てい…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文1115文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  2. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです