メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高める韓国

五輪開催国の強化策/2 北海道に留学し飛躍

下川町に住みながら練習するイ・ジュチャン(左)とチョ・ソンウ=下川ジャンプ少年団提供

 札幌市大倉山ジャンプ競技場で2月24日に行われた冬季アジア札幌大会の男子個人ラージヒル。4人の韓国勢で最年少のイ・ジュチャン(20)は2回とも130メートル前後のメダル争いには遠く及ばず、100メートルと103メートルで出場16人中の13位にとどまった。しかし、2日前のノーマルヒルから一つ順位を上げ「前より良いジャンプができた」と、はにかんだ表情を見せた。

 韓国からは他にも3人が出場したが、いずれも34~35歳で、ワールドカップ(W杯)の自己最高順位を1…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文996文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです