メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪への道

若きアスリートたち OWS・吉岡理沙選手/上 /奈良

粘り強さで苦手克服 吉岡理沙選手(MGニッシン)

 2008年の北京五輪から追加された種目「オープンウオーター」(OWS)。ニッシンスイミングスクールマコト(大和郡山市)の吉岡理沙選手(21)は、昨年9月の岩手国体で8位入賞を果たし、日本選手権(ジャパンオープン)でも4年連続で入賞している期待の若手だ。「今年の愛媛国体こそ表彰台に」と意気込んでいる。

 オープンウオーターは自然の海や川、湖をレース会場としたコース(五輪は男女とも10キロ)でタイムを競…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです