メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪への道

若きアスリートたち OWS・吉岡理沙選手/下 /奈良

「まずは愛媛国体の表彰台を目指したい」と笑顔を見せる吉岡理沙選手=奈良県大和郡山市で、郡悠介撮影

海対策に余念なし 吉岡理沙選手(MGニッシン)

 ニッシンスイミングスクールマコト(大和郡山市)の吉岡理沙選手(21)は、自然の海や川などをレース会場とした北京五輪からの追加種目「オープンウオーター」(OWS)の期待の若手選手だ。「奈良に海がないから不利だとは思わない」と強い気持ちで練習に励む。

 姉の影響で2歳の時に競泳を始め、小学3年から高校3年まで、毎年途切れることなく全国JOCジュニアオリンピックカップに出場した。高校1年時には、400メートル自由形で優勝するなど中長距離の種目で開花。実力が評価され、2年の夏に日本水泳連盟の関係者から誘われてオープンウオーターを始めた。

 オープンウオーターの初出場は3年時の日本選手権(ジャパンオープン)。大会前までは、10キロを泳ぐだ…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです