メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪への道

若きアスリートたち 走り高跳び・石黒樹子選手/上 /奈良

バーを軽々と跳び越える石黒樹子選手=奈良県三郷町で、日向梓撮影

目標高く素直で謙虚 石黒樹子選手(添上高)

 自分の背丈ほどもある高さのバーを背面跳びで越える瞬間、その表情は笑っているようにも見える。石黒樹子選手(15)=添上高1年=は「『いけた』と思う時、跳ぶというより体が浮く。その感覚が気持ちいい」と魅力を語る。

 石黒選手が本格的に陸上競技を始めたのは小学5年の時。県の小学生記録会で、走り幅跳びで上位に入賞したことがきっかけとなり、友人がいた陸上クラブに入部。当初は走り幅跳びなどに取り組んでいたが、翌年からは、「楽しそうだった」という走り高跳び一本に絞り、県内の競技会でいきなり2位の好成績を収めた。

 「1日も理由なく休まず練習に来たのは、彼女くらい。素直で謙虚だけれど、高い目標を持っていて周囲への…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです