メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪への道

若きアスリートたち 走り高跳び・石黒樹子選手/下 /奈良

チームメートと話す石黒樹子選手(右)=奈良県三郷町の町立三郷中学校で、日向梓撮影

大舞台でも緊張せず 石黒樹子選手(添上高)

 昨年の全日本中学校陸上選手権大会女子走り高跳びで7位、ジュニアオリンピックでも6位にそれぞれ入賞した添上高1年の石黒樹子選手(15)。全国大会での入賞は、けがに苦しみながらの活躍だった。

 昨年7月、学校の階段で滑り足をねんざ。同月の県総体や、近畿総体の欠場を余儀なくされた。復帰戦は8月、全日本中学校陸上競技選手権大会。足をテーピングで固めての出場だった。ベストの状態ではなかったが、決勝で1メートル63を跳び7位に。10月のジュニアオリンピックは、「直前の練習は助走も踏み切りもばらばらだった」と振り返るほどだったが、1メートル61…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 座間事件 「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  5. 富山・クマの人身被害、5日連続 ラジオ体操帰りの3人重軽傷

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです