メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪への道

若きアスリートたち ピストル射撃・中西公光選手/上 /奈良

22口径のピストルを構えて25メートル先の的を狙う中西公光選手=奈良市で、郡悠介撮影

体幹鍛え実力付ける 中西公光選手(県警)

 先月の全国冬季ピストル射撃競技大会の種目「ラピッドファイアピストル」に出場し、金メダルに輝いた県警の中西公光選手(35)。5月から、ドイツやアゼルバイジャンで行われるワールドカップ(W杯)への派遣も決まり、「国際大会でも物おじせず、頂点を目指して頑張りたい」と意気込んでいる。

 警察官になった2004年秋、警察学校の授業で初めてピストルを手にした時、身に染みた責任感と恐怖心は…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 熊谷6人殺害 「残虐な犯行」ペルー人被告に求刑通り死刑

  4. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

  5. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです