メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下町ボブスレー

加速 ジャマイカチームと平昌目指す 「100分の1秒でも速く」意気込む /東京

下町ボブスレーの最新型(右)と1号機を前に笑顔を見せるジャズミン・フェンレイタービクトリアン選手(中央)とプロジェクトのメンバーら=大田区南蒲田1の大田区産業プラザで

 2018年の韓国・平昌(ピョンチャン)五輪出場を目指し、大田区内にある町工場の経営者らがボブスレーのそりを作り、ジャマイカの代表チームが乗り込む「下町ボブスレーネットワークプロジェクト」の動きが加速している。28日はプロジェクト推進委員会が記者会見し、選手の意見を取り入れて、そりをさらに軽量化する方針を発表。26日には地元の経済団体などが応援団を発足させており、推進委の細貝淳一ゼネラルマネジャー(51)は「100分の1秒でも速く走れるように改良したい」と意気込んでいる。

 推進委によると、ボブスレーで使うそりは、主にBMWやフェラーリなど欧州の高級自動車メーカーが製造し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです