メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下町ボブスレー

加速 ジャマイカチームと平昌目指す 「100分の1秒でも速く」意気込む /東京

下町ボブスレーの最新型(右)と1号機を前に笑顔を見せるジャズミン・フェンレイタービクトリアン選手(中央)とプロジェクトのメンバーら=大田区南蒲田1の大田区産業プラザで

 2018年の韓国・平昌(ピョンチャン)五輪出場を目指し、大田区内にある町工場の経営者らがボブスレーのそりを作り、ジャマイカの代表チームが乗り込む「下町ボブスレーネットワークプロジェクト」の動きが加速している。28日はプロジェクト推進委員会が記者会見し、選手の意見を取り入れて、そりをさらに軽量化する方針を発表。26日には地元の経済団体などが応援団を発足させており、推進委の細貝淳一ゼネラルマネジャー(51)は「100分の1秒でも速く走れるように改良したい」と意気込んでいる。

 推進委によると、ボブスレーで使うそりは、主にBMWやフェラーリなど欧州の高級自動車メーカーが製造し…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文865文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 鳥栖・中1いじめ 謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  3. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  4. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  5. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです