メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

収入の5~7.5%をIOCに 4者締結

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、東京都、日本オリンピック委員会(JOC)、大会組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)の4者が締結した開催都市契約が9日、公表された。当事者が順守すべき内容が多岐にわたって定められている。

 契約は開催が決定した13年9月に締結して、その後に発足した組織委が加わった。内容は種目や日程などの競技プログラムの作成、式典や聖火リレーの実施規定、知的財産の保護など。運営の原則の項…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです