メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮設費負担 都知事の調整遅れを官房長官が批判

安倍晋三首相との会談に臨む東京都の小池百合子知事=首相官邸で2017年5月11日、川田雅浩撮影

 菅義偉官房長官は13日、東京都議選(6月23日告示、7月2日投開票)に向けた自民党都連の総決起大会で、都が東京五輪の都外会場の仮設整備費を全額負担することに対し、「安倍晋三首相が丸川珠代五輪担当相に指示し、ようやく決着できた。もっと早くやっていればよかった」と小池百合子都知事の調整の遅れを批判した。

 また豊洲市場(江東区)への移転問題でも「知事がまだ棚上げしている。私の生まれた秋田県の(年間)予算を超える6000億円も使い、安全なのになぜ利用しないのか」と早期移転を要求。都議選を見据えて対決姿勢を強めた。

 一方、首相はビデオメッセージで「自民は小池氏が進める政策が正しければしっかりと支えていく」と配慮を示しつつも、小池氏が率いる都民ファーストの会に対しては「急に誕生した政党に都政を支える力はない」と改めてけん制した。

 自民は現職49人、新人11人の計60人を公認し、全42選挙区に候補者を擁立する。下村博文都連会長は「国政選挙並み以上の対応で臨んでいる」と強調。大会後、記者団に「都議選の結果が今後の憲法改正に影響する」と述べ、選挙結果が国会での改憲論議の進展を左右するとの見方を示した。【森健太郎、田中裕之】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. かあさんマンガ 卒業
  2. タカタ破綻 高田会長兼社長、辞任の意向表明 負債1兆円
  3. タカタ 民事再生法を申請 製造業で戦後最大の倒産
  4. ワンピース 連載20周年記念SPアニメが放送 第1話から新規作画で描く
  5. 都議選 投票先決定者 都民フ27%、自民26%

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]