メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

事前キャンプ地 築上町、熱心に誘致活動 グアムへ担当者派遣 /福岡

グアムで事前キャンプ地候補として「築上」をアピールした古市さん

 2020年の東京五輪・パラリンピックで、県と京築地区などの5市町は、オセアニアの15カ国・地域の事前キャンプ誘致を目指している。中でも、5市町の中で唯一、実際にグアムへ担当者を派遣するなど熱心に誘致活動を進めるのが築上町だ。担当者は「ぜひ、誘致を実現させ、2020年を町の異文化交流とスポーツ振興の基点となる年にしたい」と意気込む。

 担当者は、町教委生涯学習課の課長補佐、古市照雄さん(46)。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです