メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪への序章

サッカーU20 W杯/上 メッシ追う高精度の左 FW・久保建英=FC東京U18

 サッカーのU20ワールドカップ(W杯)韓国大会が20日、開幕する。2007年以来5大会ぶりに出場するU20日本代表は20年東京五輪で主力となる世代で、今大会は3年後の五輪に向けた戦いの序章となる。久保建英(たけふさ)=FC東京U18=ら、世界に挑むチームの俊才らを紹介する。【大谷津統一】

久保建英(たけふさ)

 「飛び級」でU20日本代表入りした15歳の久保。魅力は精度の高い左足、そして、ぶれない姿勢だ。3月に東京都内で行われた同代表候補の合宿で本大会への準備について問われると「15年で変えられないことを2カ月で変えられるとは思わない。自分が積み上げてきたものをしっかり出したい」と淡々。気後れせず、慢心もない。

 昨年末のアルゼンチン遠征から久保をメンバーに招集したU20日本代表の内山篤監督は、持ち味をこう評す…

この記事は有料記事です。

残り1034文字(全文1392文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです