メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
飛躍の源流

冬季競技 育成の今/1 司令塔が次世代指導

 カーリング男子で日本勢20年ぶりの五輪出場を決めたSC軽井沢ク。来年の平昌五輪の目標はメダル獲得だが、司令塔役のスキップ両角友佑(32)は4月の出場決定後の記者会見で「子どもがやりやすい環境にすることも自分の仕事」と、別の役割も口にした。

 5月中旬、両角友は本拠地の軽井沢アイスパーク(長野県軽井沢町)で、先生としてリンクに立っていた。オフを利用し、SC軽井沢クを運営するNPO法人が昨年5月に設立した「カーリングエリートアカデミー」で、高校生中心の女子2チームを指導している。

 受講生に選ばれたのは、今年の日本選手権覇者・中部電力を破ったこともあるチーム軽井沢と、世界ジュニア…

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1119文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  3. 日中韓外相でも日韓が火花 韓国、輸出規制撤回要求 日本「不適切」

  4. 京都市内ホテル 外国人比率、過去最高 上半期の宿泊状況 /京都

  5. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです