メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛躍の源流

冬季競技 育成の今/1 司令塔が次世代指導

 カーリング男子で日本勢20年ぶりの五輪出場を決めたSC軽井沢ク。来年の平昌五輪の目標はメダル獲得だが、司令塔役のスキップ両角友佑(32)は4月の出場決定後の記者会見で「子どもがやりやすい環境にすることも自分の仕事」と、別の役割も口にした。

 5月中旬、両角友は本拠地の軽井沢アイスパーク(長野県軽井沢町)で、先生としてリンクに立っていた。オフを利用し、SC軽井沢クを運営するNPO法人が昨年5月に設立した「カーリングエリートアカデミー」で、高校生中心の女子2チームを指導している。

 受講生に選ばれたのは、今年の日本選手権覇者・中部電力を破ったこともあるチーム軽井沢と、世界ジュニア…

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1119文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです