メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛躍の源流

冬季競技 育成の今/2 フィギュア スターの存在、刺激に

子どもたちとリンクに立つ倉敷フィギュアスケーティングクラブの佐々木美行監督(中央)

 岡山県倉敷市のリンク「ヘルスピア倉敷」で活動する倉敷フィギュアスケーティングクラブ(FSC)。小学校教諭でもある佐々木美行(みゆき)監督(60)の下、約70人が競技に取り組んでいる。設立は1993年。後に2010年バンクーバー五輪男子で銅メダルを獲得した高橋大輔さん、アイスダンスで4大陸選手権5度出場の平井絵己(えみ)さんら生徒5人でのスタートだった。

 フィギュアの競技者数は右肩上がりだ。日本スケート連盟によると、05年に2990人だった登録者は、同…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文981文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです