メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛躍の源流

冬季競技 育成の今/4 フリースタイル 次世代の舞台、切り開く

「ジャパンジュニアフリースキーオープン」の8歳以下の部の表彰式

 巧みに板を操り、思い思いに障害物を乗り越えていった。3月12日に長野・戸隠高原で行われたフリースタイルスキーの大会「ジャパンジュニアフリースキーオープン(JJFO)」。スロープスタイルで争われたこの日は8歳以下、12歳以下、18歳以下の各部門に男女計63人が参加。18歳以下男子を制した山本泰成(尾瀬ク)は「貴重な国内大会で、とても大切。ここから五輪を目指したい」とほほ笑んだ。

 フリースタイルスキーは選手層が薄い種目が多い。ハーフパイプは2月に札幌で開催予定だった全日本選手権…

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1111文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです