メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛躍の源流

冬季競技 育成の今/5止 スピードスケート 地元の素材、一貫指導

小沢さんの指導で正しい滑走姿勢を身につける「スピードスケートスクール」の生徒

 小学生がスクワットの動作をしながら滑走の基本姿勢を確認する傍らで、高校生は自転車型トレーニングマシンで持久力を鍛える。加藤条治、長島圭一郎ら五輪メダリストがかつて所属したスピードスケートの強豪、日本電産サンキョー(長野県下諏訪町)が2015年8月に設立した「スピードスケートスクール」の光景だ。小学4年から高校2年の31人が在籍。同社スケート部元コーチで用具調整のスペシャリスト、小沢竜一さん(36)と、14年ソチ五輪男子500メートル代表だった上條有司さん(31)が指導し、五輪代表の輩出を目指す。

 同社が拠点とする諏訪地域は元々スケートが盛んだ。「保護者が夜に学校の校庭に水をまくと、朝になれば氷…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1074文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです