メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 全力で生きる瞬間を撮る=越智貴雄

2015年5月、初めて小島さんの練習を取材したときの写真。彼が放つエネルギーに圧倒された=写真家・越智貴雄さん撮影

 昨年7月、私が大好きな選手がこの世を去った。小島将平さん、31歳。早大2年で箱根駅伝8区を走ったランナーだった。

 小島さんは2010年に25歳で骨肉腫を発症して左下肢を切断し、車いす生活になった。「パラリンピックを目指しましょう」。大学の1年後輩で08年北京五輪代表の竹沢健介さんにそう励まされ、車いす陸上を始めた。29歳でがんが再発したが、抗がん剤治療に耐えながら、国内外の大会に出場することを選んだ。パラリンピック出場の夢を諦めなかったのだ。

 小島さんの病が徐々に進行し、競技にも打ち込むことができなくなった昨年6月、私は彼について行き、箱根…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです